本で紹介された和のゆびぬき

私が知っているかぎり、和のゆびぬきが紹介されている本を紹介します。
ゆびぬきだけを扱った本、というのはいまだ見たことがありません。
ここに紹介するものも、本のなかの、ごく一部でゆびぬきが載っている、というものです。
ほかにもこんな本がありますよ、という方はご連絡いただけるとうれしいです。

icon1.jpg伝承のちりめん細工

『裁縫の小道具』
昔ながらのちりめん細工を、紹介、復元した本です。
刺繍のゆびぬきのページには、なんと大正時代のゆびぬきの写真が掲載されています
四季折々の花々を刺繍したゆびぬきは、どれもとても美しいですよ。
土台の作り方も載っています。
水口つや子監修、グラフ社、1456円

icon1.jpg花一輪からの日本の刺繍

『針刺しと指ぬき』
日本刺繍の本です。
桜の刺繍をあしらった、素敵なゆびぬきの作り方が紹介されています。
実物大の図案が載っていますので、気軽に製作に挑戦できます。
草乃しずか、NHK出版、1998年9月初版、1600円

icon1.jpg高橋よう子の素敵に布遊び

『指輪のような指ぬき』
ちりめん細工の本です。
本のはじめに、手作りのお針道具として、ちりめんをあしらった指ぬきの作り方が紹介されています。
高橋よう子、世界文化社、2001年10月初版、1900円

icon1.jpg季節のうた

『初しごと』
季節の移り変わりによせて、さまざまな出来事を綴ったエッセイ集です。
BBSで教えていただいて、すぐに買いに走りました。
この本の中では、正月はじめの針仕事として、真綿でゆびぬきを作ることが紹介されています。
佐藤雅子、文化出版局、2001年5月復刻版初版、2300円

icon1.jpg骨董ファン vol.3

『How to Collect:日本のゆびぬき』
骨董雑誌の記事です。紹介されているのも、江戸時代の指ぬきから戦後までいろいろです。
素材も形もさまざまで、虫をかたどった縫い取りのあるものや、セルロイドや麦わら細工のものまであります。
北辰堂、1997年9月、952円

icon1.jpg銀花 82号

『花暦、手まり唄』
季刊誌の、何年も前のものですから、古書店で探してください。
金沢の花手まりの紹介記事にあわせて、ゆびぬきが美しい写真に添えて紹介されています。
世界文化社、1990年夏、1300円

■HOME■